野球ができるだけで幸せ
各所で契約更新ネタがリリースされている中、一際目を引いたのが
ロッテ黒木・自ら減俸申し出のニュース
まぁ今シーズンの成績が、7試合で1勝3敗(防御率 4.413)だし
減額提示されるのは仕方ないけれども、ポイントは球団提示額よりも1000万減額提案したとこがいい。
しょせん他人の財布なんだから、別にいくら貰ってようと下世話な話なんだけど
連日繰り広げられる銭闘の中、自分から減俸申し出る姿勢が素晴らしい。




マスコミの影響もあって、"エースが怪我から涙の復帰"という姿がインプットされてるので
余計に美化されてしまうのかも知れないけどね。
ロッテの試合は見る機会少ないけど、黒木が投げると聞くとチェックしてしまうし。

シドニー五輪での大活躍から、1年後肩の故障でリハビリを続け
「もうダメなんじゃないの?」なんて声も聞かれる中、今年は4月からマウンドに登り
6月にほぼ3年振りに勝利をあげる。
残念ながら7月に再び怪我で戦線離脱し、オフには手術をしたばかり。
来季はどうなるのか、ファンならずとも気になるのだが
本人は、減俸により「重圧をかけながら険しい道に向かいます」とのこと。
こういう選手を見ると、どうしても応援したくなる。
球団提示は8千万から25%限度額いっぱいの6千万。
そこから自己申告で、更に1千万のダウン
ネームバリュー的には、5千万の選手ではないと思うのだが
名前だけが現役選手の証ではないからなぁ

多くの選手が、年俸=自分の価値と考えるので、誰もが契約更新で
球団が提示した自己の評価額に対し、銭闘の場で(駆け引き含め)言葉通り戦う中
自ら減俸申請は珍しい気がする。
そりゃ誰だって、もらえるものは10万でも多く貰いたいよな。
でもベンチで座ってるだけで、1打席当たりン百万円だったりって言うのは
ちょっと違うんじゃないか?と思うこともしばしば。
大幅減俸になると、翌年の税金の支払いに支障がでてくるので
25%という減俸限度があるのはわかるけども、不甲斐ない成績を収めた時くらい
自らの価値を再度検証して、黒木のように自ら申請する姿勢があってもいいんじゃないだろうか?
特に今年なんて、選手の高年俸が球団経営を圧迫していると取り上げられ
そのために1球団が消滅し、球界再編の危機を招いたと言うのに
契約更新の時期になると、そういった面が蔑ろになってる気がする。
勿論その高年俸を認めたのは球団であるけれども、一方の責任にするだけでなく
双方に再認識が必要なんじゃないだろうか。

今年の更新だけを見ても、各球団とも複数年の人を中心に
今年の活躍に沿わない金額提示を受けている人がいる。
別に減俸申し出るのは罪でもないぞ?
むしろ自らの決意で、球団を救う事になるかもしれない。
取れる内に取っておこうって考えじゃ、球団が消滅してから悔やんでも遅いのだよ。
ファンとしても応援してる球団がなくなるのは、悲しい以上の事だし
もう二度と近鉄のような過ちを犯す球団を見たくない。
黒木が会見で言った「野球ができるだけで幸せです」
彼は怪我でもクビられず、働く場がある事に対して言ったんだと思うけど
視点を変えれば、野球人全てがそう思ってもおかしくないと思うんだな。
[PR]
by hijilin | 2004-12-06 04:39 | Baseball
<< マニアなブロガー や~っと1人確保 >>


最新10タイトル
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
zzplvmm
from zzplvmm
CR冬のソナタ
from CRパチンコ冬のソナタ
lycra dating..
from male nude gay ..
檻OP戦1位+城島生意気..
from 仰木マジックと僕のプロ野球観戦記
3/12オープン戦結果
from 大胆不敵に...なれるかな?
懐かしい...
from 大胆不敵に...なれるかな?
反省の深まり?
from 大胆不敵に...なれるかな?
反省日誌 毎日提出はあた..
from (まめ)たぬきの雑記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧