第2の人生
最近の楽天ニュースをザザっとチェックしてたら
目に入るのは、オープン戦全敗宣言だったり、モーニング娘。が歌う応援歌だったり
三木谷氏達の目指す方向性に、疑問を持つことが多かったんだけど
今日は"やっと"楽天グッジョブ!と言えるニュースが到着

春季キャンプ中“アカデミー”開校




これは素晴らしいね
毎年プロ野球界では任意引退を含め、100人以上が現役を引退する。
そのうち監督やコーチ、評論家として球界に残るのはごくわずかで
大部分の人が引退後、第2の人生を歩んでいる。
中には、飲食店を経営したり、スポーツ店を経営したり
今まで野球しかやってなかった人が、畑違いな仕事をしているわけで
その中で、どの位の人が成功しているのか分らないが
一度プロになった限り、誰もが歩む道。
コネや話術でTVに使ってもらえる人なんて、ごくごく一部だもんな。

昔、阪神の川籐が「コーチはOBの就職口」とほざいてたが
そういう考え方には個人的に反対なものの、第二の人生と考えると
まぁそらそうやね。と思わなくもないか。
ファンからしてみたら、それなりの実績がある人材をコーチとして招聘するべきで
大した活躍もしてない人を、何でコーチにするんだ?とも思うけどさ。

こういうネタの時に、こんなニュース聞くのは非常に悲しいが
元ロッテの小川博投手が、強盗殺人容疑で逮捕
あの10.19で投げていたとも聞いて、実際見ていた試合で投げてた人が
こういう風に報道されるとは、残念で仕方がない。
ロッテの編成はよく知らないのだが、つい最近まで2軍コーチもしてたとか?
彼が現役当時どの位年俸を貰っていたのかも知らないけども
ロッテを辞めた時点で1千万の借金があったとか。
しかし、犯行当日が80万の借金の内、10万円の返済日だったって・・・
たかが10万・・・
借金が人生を狂わすとかのレベルの話じゃないな。

話戻って、楽天の"アカデミー"
これは、楽天だけの話じゃなくて、球界として必須じゃないか?
元プロ野球選手というプライドが、引退後の生活に影響与えるかもしれないけども
野球を辞めても人生は続くわけだし、NPBのような大きな組織として
引退後の選手をフォローする必要もあるだろう。
サッカーの場合、選手生活自体野球よりも"賞味期限"が短い事もあり
2002年にJリーグキャリアサポートセンターを設立し、引退した選手に対し
職業訓練や、企業・専門学校等への斡旋を行っている。
実際に利用する・しないは別にして、こういう組織の存在があるだけで
選手は野球に集中する事ができるだろうし、次に球界へ身を投じる新人にとっても
フォローがあるかないか、これは大きい事なんじゃないだろうか
せっかく各界の大企業サンが球団を持ってるんだから、NPB主体でやれば
結構いい組織になると思うんだよな。
[PR]
by hijilin | 2004-12-22 03:02 | Baseball
<< 岩隈の粘り勝ち How much? >>


最新10タイトル
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
zzplvmm
from zzplvmm
CR冬のソナタ
from CRパチンコ冬のソナタ
lycra dating..
from male nude gay ..
檻OP戦1位+城島生意気..
from 仰木マジックと僕のプロ野球観戦記
3/12オープン戦結果
from 大胆不敵に...なれるかな?
懐かしい...
from 大胆不敵に...なれるかな?
反省の深まり?
from 大胆不敵に...なれるかな?
反省日誌 毎日提出はあた..
from (まめ)たぬきの雑記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧